Browse By

誰かに認められたいという気持ちが強くて


きっと私の気持ちに共感してくれる女性はたくさんいると思うのですが、私はとにかく自分のことを誰かに認めてほしいという一心で援助交際を始めました。
誰かに認めてほしいと書きましたが、援助交際をやっているわけなので、要するに私が「認めさせたい」と思っている対象は男性だということになります。
女性ならきっと誰もが(というか男性にしたって)誰かに認めてほしいという気持ちを持っているはずです。
この気持ちを全く持っていない人なんてこの世にいないのではないかといっても過言ではないくらいです。

誰かに認めてほしいという気持ちは分かるにしても、わざわざ援助交際なんてものに手を出す必要はないのではないかという人がいるかもしれません。
援助交際というものがそもそも、あまりクリーンな男女関係とはみなされておらず(当たり前ですけど)そもそも援助交際をサポートする悪いサイトという意味で、出会い系サイトを利用している人たちみんなが否定されたりするわけです。

もちろん、出会い系サイトを利用していること自体が否定されてしまうという状況はなんとなくわかります。
出会い系サイトを否定する人は世の中にたくさんいますが、でもこのサイトを利用している立場の人間からすれば、どのような出会いを実現したいと望む場合であれ、すべての利用者が自分のために真剣になっているといっても過言ではないでしょう。
もちろん、出会い系サイトを利用している人の中には、キャッシュバッカーと呼ばれる女性のように、出会いを実現したいという気持ちがあまり強くはない女性もいますが、そういう存在はまあ例外だと思います。

出会い系サイトを利用していること自体は、別に悪いことではないと思うのです。
仮に出会い系サイトを利用していて何かトラブルに巻き込まれたとしても、それはあくまで自己責任の問題だと私は思います。
少なくとも私は、自分が出会い系サイトを利用していて何かトラブルに巻き込まれたからといって、そのことを誰かのせいにした利はしません。
すべては自分の責任だと思って、出会い系サイトを利用しています。

出会い系サイトを利用して入りる人ってたいていはそうだと思うんですよ。
何しろ出会い系サイトというのは成人向けのサイトである場合がほとんどですし。

私にも、自分を認めてもらえるような取り柄が何か他にあればいいんですけど、頭も悪いうえに運動神経などもイマイチで、特に秀でた才能がありません。
本当に見た目以外には何のとりえもないので、出会い系サイトを利用して男たちを虜にすることだけが、私にとって生きがいなのです。

読んでおきたい記事ピックアップ→援交について