Browse By

私たちは、夫婦そろって離婚を望んでいましたから


だから、旦那の不倫が発覚したときは正直なところほっとしたんですよね。うまく言葉にはできないんですけど、これでやっと分かれられる、離婚ができるようになるといったような安心感がすごく強かったのを覚えています。

旦那の浮気に関する疑惑はずっと前からありました。見合いで結婚した二人ですが、結婚してすぐの頃から、旦那の女癖の悪さは分かりました。私がお見合いをする前に付き合っていた男性も、女癖は悪く、おまけに金遣いが荒いタイプだったので、人間なら欠点があるのは当たり前だと思ってある程度は目をつぶっていたんです

でも、浮気をしても私が文句を言わないということがわかると、主人はどんどんと調子に乗るようになりました。浮気をするにしてもせめてこっそりやればいいのに、わざとやっているのかというくらい、浮気の証拠を残すというか、まるでほかの女と関係を持っていることを私に見せつけて楽しんでいるのかというような主人のやり方がすごく不快に思われたので、ある日私はついに文句を言ったんです。

その時夫は、私に対して謝罪をするどころか、自分の好きにさせてくれない私のほうが悪いみたいな言い方でなじって「お前は俺の給料で生活してるんだから、俺のやっていることに口出しするな、だいたい浮気というのは完全にお前の言いがかりだ、こっちは仕事の付き合いとかいろいろ大人の事情があるんだ」などと言って開き直ったのです。私の感覚としては、嘘でもいいから「俺はお前のことだけを愛しているから、浮気なんかしているはずがない、それはお前のカン違いだ」といわれた方がまだ救いがあった気がします。

私が旦那のことを愛していないわけですから、当然旦那との関係はセックスレスです。男女の関係はセックスの相性だけで決まるわけではないのは分かっていますが、それでも、結婚した男女が何か月も体の関係を持たないでいる状態というのは、どう考えても致命的なんです。

夫だって当然、欲求不満がたまるでしょう。それは私だって同じです、もう完全にすべてのことが悪循環ですよね。ここまでの悪循環に陥ってしまったら、もう話し合いをするとかそういうレベルのことで夫婦の関係を改善するのは不可能だろうと思いました。

正直私は、早くこんな旦那とは別れたいと思っていました。お互いにある程度年を取ってから、お見合いをしてやっと結婚できた夫婦です。結婚するまでの間にいろいろと苦労もしてきたので、逆に言うなら少々のことなら我慢できるだろうと考えていたのですが」、それは私が甘かったようです。

主人の浮気について疑惑を持ってから、見てみぬふりをして我慢してきましたが、今回、決定的な証拠が出てきたことで、ようやく主人と別れる決心ができました。私たち二人は、二人とも離婚を望んでいたので、ちょうどよかったんですよ。

関連サイト更新情報→不倫サイト